ライズフォースでの働き方

ライズフォースでの働き方

9名でアットホームに取り組んでいて、ONとOFFが切り替えができる職場です。
個人がもくもくと仕事に徹するスタイルになりがちなので、
会社でイベントを企画したり、社員間のコミュニケーションを取る場作りを大切にしています。

ライズフォースの特徴

職場環境

代表の「ボトムアップ方式」の方針により、社員が上司へ意見や要望を挙げることができる、風通しのよい職場です。

月に一度「帰社日」には、お客様先へ出向している社員と本社の社員の各自1カ月の活動を振り返り、情報を共有することで、お互いの刺激になっています。 また、報告会議の後は、昼食を一緒に摂る等、コミュニケーションの場にもなっています。

代表の方針で、仕事と休暇をしっかり分けることで、社員のモチベーションを高め、業務の生産性を上げ、結果お客様に満足して頂けるサービスを提供できるよう、努めています。

今後人事考課表を作成し、社員一人一人を管理職と評価し、評価すべき社員には何らかの待遇を与えていきたい、と考えています。

研修制度

1人1人が自社を代表するコンサルタントという自覚をもち、エンジニアとしてだけでなく、ビジネスマンとしても成長できる環境作りのために、充実した研修やフォローを行えるよう、考えています。

充実した福利厚生

運動不足になりがちな仕事なので、常に健康的な身体を維持してほしい、という代表の想いから、年に一度の健康診断の結果が良い社員に対して、月単位で手当てが支給されます。
また、喫煙していない社員には、更に月単位で手当てが支給されます。

これからは、女性も会社で活躍していくことを見据え、仕事と家庭を両立できる職場環境作りに努めています。現在は、「産前産後休業・育児休業」を設けていますが、これから会社の成長に合わせて、様々な制度を作っていきたいと考えています。